信託保全が資産をしっかりガード

バイナリーオプションやFXなど、金融商品の取引を行なうには、証券会社の口座にお金を入金する必要があります。自分の口座に入金するといっても、ある意味証券会社の資金となるわけですが、それは銀行の預金と同じように考えていいでしょう。

 

そうなると不安になるのが、「もしお金を預けた証券会社が倒産してしまったらどうなるの?」ということではないでしょうか。GMOクリック証券ではこの問題に関して「信託保全」という形をとり、万が一の事態にもトレーダーの資金が守られるようにしています。

 

現在GMOクリック証券が信託保全しているのは、三井住友銀行とみずほ銀行。どちらも日本でトップ5に入るメガバンクです。信託保全に際しては、月ごとなどまとめての計算ではなく、営業日ごとに対象になる額が計算されます。さらに計算された金額よりも多めの金額を信託しているので、「実際には全ての資金が守られなかった」という事態が起きないようにもなっています。

 

信託保全があれば、万が一の事態でも顧客の資金が守られる

信託保全について、もう少し詳しくその仕組みをみていく前に、「信託保全がなかったらどうなるか」ということについて考えてみましょう。

 

信託保全は利用者の資産を守るための仕組みです。信託保全をしていない業者では、利用者の資産と会社の資産が一緒になってしまっているとしても外からはわかりません。そして、経営がそのままうまくいっていればいいのですが、経営が破綻してしまった場合、負債として資産が差し押さえられると、利用者の資金まで失われてしまうという事態が起きます。

 

こんな可能性がある業者には、安心して資金を預けることはできない、と思われる方は多いと思いますが、以前はこういったケースが少なくなかったのです。

 

信託保全では、まず会社の資産と利用者の資産を分けて管理するということが大前提になります。そして銀行と信託の契約をして、利用者の資産については銀行の「信託口座」で管理します。管理の状況は、社外の弁護士によって逐一確認されます。

 

そして業者の経営が破綻してしまった時には、利用者は、業者が資金を払い戻すのを待つ必要はなく、社外の弁護士を通じて、信託銀行の口座から資金が戻されます。

 

以上、GMOクリック証券のように信託保全を行なっている業者の安全性がいかに高いか、ということがおわかりいただけたと思いますが、もちろん利用証券会社が破綻しないにこしたことはありません。

 

例えば、証券会社の経営状況を判断するために使える数値として「自己資本比率」というものがあります。これは、総資本から他社の資本をひき、総資産を割ったもので、この数値が大きければ大きいほど「負債が少ない」ということになります。GMOクリック証券はこの数値が2013年時点で3倍をこえており、非常に優良な経営状態の証券会社だということがわかります。

あなたの大事な資金を守る仕組み「信託保全」とは?/新外為オプションの必勝法と攻略法関連ページ

3種類のオプション取引
為替通貨ペア
リスク
ウェブブラウザ版
取引時間帯
スマホ用アプリ