新・外為オプションはいつでも取引が可能なのか?

日本国内のバイナリーオプション規制によって、新・外為オプションでは、売り出すオプションの数が大幅に変わりました。旧・外為オプションでは、1日で236回の売り出しをしていましたが、新・外為オプションでは10回の売り出しと大幅に減っています。

 

これは規制により、バイナリーオプションの最短の判定時間が2時間になった影響です。旧・外為オプションでは、判定時間が20分のバイナリーオプションを5分毎に売りだしていましたが、新・外為オプションでは判定時間が3時間のオプションを2時間おきに売り出します。

 

これらのオプションは、月曜日から金曜日の午前8時から翌午前5時まで売りだされるので、ウィークデーは、24時間の取引ができるようになっています。新・外為オプションが取り扱うのは、ラダーオプション、レンジインオプション、そしてレンジアウトオプションの3種類、取扱い銘柄は米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/米ドルの4種類ありますが、取引ができる時間はすべて共通です。

 

購入金額は、1注文ごとに1円から1,000円までで変動します。最低1枚からの購入が可能です。ここで注意したいのは、旧・外為オプションでは、それぞれのオプションにペイアウト倍率が設定されて、予想があたった時の配当額は違いましたが、新・外為オプションでは、ペイアウト額が1,000円の固定になっていることです。

 

代わりにオプションの売り出し価格が、常に変動するようになりました。

 

取引きができない時間帯に注意

新・外為オプションでは、3時間のオプションが売りだされますが、その各回号の終了時間の2分前になると、新規購入や再購入、途中売却ができなくなります。途中売却や再購入ができるようになったのは、新・外為オプションになってからの大きな変更点ですが、この取引停止の時間帯には注意しなくてはなりません。

 

逆に終了2分前までであれば、これらのことができるので、利益や損失のある程度のコントロールが可能です。上手に利用しましょう。

新・外為オプションの取引可能時間/新外為オプションの必勝法と攻略法関連ページ

3種類のオプション取引
為替通貨ペア
リスク
ウェブブラウザ版
スマホ用アプリ
信託保全