3タイプの判定方法があるから取引しやすい

旧・外為オプションでは、ハイ・ロー型のオプション1種類の取扱いでしたが、新・外為オプションではラダーオプション、レンジインオプション、レンジアウトオプションの3種類が用意されています。これまでのハイ・ロー型のオプションと類似しているのは、ラダーオプションになります。ユーザーにとって選択肢が増えたことは、歓迎すべきことでしょう。これによって、相場環境によって購入するオプションをタイプを選べるようになったからです。その結果、利益を増やすチャンスが拡大したと言えるでしょう。

 

新・外為オプションでは、オプションタイプのそれぞれに合わせた見やすい取引画面を用意していますので、新・外為オプションになってから利用できるようになった追加購入や途中売却の判断やそのタイミングも見やすくなっています。

 

新・外為オプションの3つのオプション

ここでは、新・外為オプションで購入できる3つのオプションについて、もう少し詳しく見てみましょう。

 

ラダーオプション

新・外為オプションのラダーオプションは、いわゆるハイ・ロー型オプションと同じです。選択した権利行使価格を基準に、終了時の為替レートが上昇しているのか、あるいは下落しているのかを予想します。トレンド相場の時に利用しやすいオプションです。上昇すると予想するならコール、下落すると予想するならプットを選択します。

 

ちなみに業者によっては、同じラダーオプションという名前でありながら、複数の基準レートを設定して、そのレートよりも上回る、あるいは下回るのかを予想する、いわばタッチオプション的なものもありますので、混同しないように注意が必要です。

 

レンジインオプション

一般的にはレンジ(境界)オプションと呼ばれるものと同じです。判定時間の瞬間のレートが、上下に設定されたレートの範囲内に収まっているのかを予想します。判定基準は判定時間のレートなので、途中のレートの動きは関係ありません。もし仮に、途中でその範囲を逸脱していても、判定時間にその範囲に入っていれば、予想は当たりになります。レンジ相場の時に、活用したいオプションです。

 

レンジアウトオプション

レンジアウトオプションは、レンジインオプションと逆の予想をします。判定時間のレートが、上下に設定されたレートの範囲外になれば、予想が当たりとなります。その範囲外であれば、上に外れていても、あるいは下に外れていても構いません。これも終了時間の瞬間のレートが判断基準になるので、途中のレートの動きは関係ありません。重要な経済指標の発表を控えているときなど、相場が大きく動くと予想する時に有効なオプションです。

 

加熱する日本国内のバイナリーオプション業者のサービス競争

2013年の秋にはサイバーエージェントFXもオプトレというバイナリーオプションを提供開始しました。GMOクリック証券の外為オプションもリニューアルし、その他でもみんなのバイナリーも使いやすくなって再登場しています。

 

FX投資家がこぞってバイナリーオプション取引も試しているように次は一般の方が、FXトレードを体験することなくいきなりバイナリーオプションから取引を始めるという事態も出てくるのではないかと推測できます。

新外為オプションは3種類のオプションを用意/新外為オプションの必勝法と攻略法関連ページ

為替通貨ペア
リスク
ウェブブラウザ版
取引時間帯
スマホ用アプリ
信託保全